2017年2月6日月曜日

パソコンの遠隔操作詐欺に引っかかりそうになる





結論から言うと、実害はありませんでした。

ノートパソコン(Acer R3-131T-P73T)の店頭デモ機をハービーノーマンで購入。

その際、ウイルス対策ソフトを勧められ、トレンドマイクロ(Trend Micro)のMaximum Securityがセール中と言うことで、 iOS, Mac、 WIndows、 Android対応10台まで、36ヶ月」というのを購入。

他に使っているパソコンはMacで、Sophosという無料のウイルス対策ソフトしか入れてませんでした。

帰宅後、ウイルス対策ソフトをインストールしようとするも、うまくいかず、
「このスカイプの番号に連絡を」というヘルプメッセージが出てきました。

発信してみると、すぐつながり、声もはっきりと聞こえ、さすがマキシマム・セキュリティと驚く。

そして、遠隔操作が始まり、うわー、さすが230ドルも払っただけある、と感動していると、

「IPアドレスが感染されている」
「え?」
「古いPCで使っていたIPアドレスが感染されていて、それが影響を与えている」
「え????」
「200ドル払えば、今すぐ直せる」
「は??????」

翌日、購入店に持って行き事情を説明すると、「Strange、そんな話は聞いたことない」と言われ、あらためて、ぞぞぞと怖くなる。初期化し、セキュリティソフトをインストールしてくれました。

そのあと、うちでパソコンをチェックすると、 遠隔操作アクセスがオンになったままでした。あーーーーと、オフに。

デモ機だったので、何かウイルスが入れられてたのか?、他のパソコンにこのソフトを
インストールしても大丈夫なのか、むむむ、むむむ。


最高気温32度。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿