2017年2月7日火曜日

Make Australia Great Againと言うアホウ

注意!


Make Australia Great Againという、オリジナリティのかけらもないスローガンが入った赤い帽子をかぶるこのヒトは、オーストラリアの上院議員コリー・バーナーディ (Cory Bernardi)  。47歳。元ボート選手。

本日、自由党を離党し、オーストラリア保守(Australian Conservatives)なる新党を発足ですと。

本人のホームページ、見てみると、多文化反対、移民反対、同性婚反対、中絶反対、
アンチEstablishmentで、ただ今、人種差別禁止法(Racial Discrimination Act) の条項18Cを「言論の自由に反する」と除外する署名運動を展開中・・・。

経済的には、政府の市場介入を抑える、自由主義的立場。

オーストラリアでも、前回の選挙で二大政党(自由党・労働党)に投票した人が40%しかなかった、それだけ、Establishmentに魅力がなくなってるんだあー、と言っとる。


が、この人の支持者のコメントを読んでると、なんのこっちゃない、

Make Australia Great Againというのは、
Make Australia Great Again for White Men

ですな。

離婚したら男性、とくに白人男性は損をする、移民が仕事を奪う、都会の政治家や学者に何がわかる、「ほかの人がいい思いをしてんのに、キィー、キィー」とガラスで爪を研いでいる。



時代は「ポスト真実」らしい。嘘でもなんでも人々の感情に訴えるように言ったもの勝ちらしいから、このキィー、キィーは増殖する。

1980年代の後半、One Nationが出てきた頃のアジア人排斥ムード、あれは嫌だった。

ま、今なら、Go Home と車から叫ばれても、例のハンドジェスチャーぐらいできるかもしれんが・・・・・してどーなる。

もっと建設的に、こんなオリジナリティのないアホウに対抗する方法は何か?

わからん。


30度。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿