2016年8月31日水曜日

赤土にごろんと転がる日本人の墓ひとつ


Derby

日本人の方の墓石が、ごろんとひとつ、ダービィーの町外れにある今は使われていない墓地に転がっていました。


The Pioneer and Aboriginal Cemeteryという墓地です。
  



説明によると、設立されたのは1908年ごろ。約五百人の埋葬が記録されている。しかし、多くは当時近郊から無給で働きにきていた(働かされていた)アボリジナルの人々で、名前もわからない。もとは中国人の区画もあったが、今は残っていない。


アリ塚(左下)のほうが存在感がある、閑散とした墓地。



そんななかに、日本人の名前が刻まれた墓石がころんと一つ。



「向井吉秋之」でしょうか? 戒名はなし。





大正何年って書いてあるのか? 旧字が読めませんが、大正四年?4月21日。
約百年前。それにしては白い字がはっきりしています。





和歌山県東牟婁郡太地村。太地からはブルームに真珠ダイバーとして出稼ぎに来ていた人が多い。この方もダイバーだったのか。しかし、56歳。ダイバーとしては年配のような気もするし、なぜここに一人。それとも当時は他にも日本人の墓があったのか。
でも、だれがこの墓を立ててくれたんだろう。


ダービィー。西オーストラリア州の北、パースから2,383km北東、ブルームから 221km。




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

2016年8月30日火曜日

失敗。これは食べれない...


ウィンダム(Wyndham)。パースの2,210km北東、人口約670人。



雨が降りそうで降らない、くずくずと曇り空の1日。なんとなく気持ちもすっきりしないので、甘いもんでもと作ってみました。

んが、んが、失敗。大失敗。


ここまで焦がしたのは人生初かも...。オーブントースターが240度に設定されてました。
チェックしたと思ったんですが。

なんか香ばしい匂いが、こげこげしくなってきたなと思ったら。時、既に遅し。

くるみ+ココア入り、だったんですけど。

さささっと、庭に埋めました・・・。熱いうちに。

忘れよう。はやく忘れよう。

最高気温18度。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

2016年8月29日月曜日

リタイアのキャンピングカー旅行に必要なのは鈍感力

Millstream Chichester National Park 

西オーストラリアの北、3週間7000キロのドライブの旅に行ってきました。



Derbyにトレーラーを置いて、Gibb River Roadを抜け、ノーザンテリトリーとの州境にもタッチ。


Gibb River Road

 

いやー、雄大というかワイルドというか、 ケータイもつながらないところが多かったし、この州の大部分は人の住んでいないところ、と改めて実感。

舗装されてない道も7、800キロとおり、トレーラーの中まで赤い粉塵だらけになり、運転しすぎ、家人と言い合いしすぎで、心底疲れました。

もうね、小さいA-vanは買うな。買うなら舗装したところだけ走れ。
で、一人で行け、ですワ。

それで、各地のcaravan parkオートキャンプ場)ですが、聞きしにまさるリタイア・シニアの花園。

あんな僻地こんな荒れ野、広大な大地にすれ違う車がほとんどなくても、キャラバンパークに着くと、すごい混みよう。みなさん、フレンドリーです。


が、が、お隣の声がくっきりはっきり聞こえ、プライバシー、ほぼなし。

シャワーのあと、 あのブオぉーと音のする手を乾かすためのハンドドライヤーで髪を乾かす人に、なんとその手があったかと感嘆し、朝からの熱風に堂々と洗濯物干しではためくパンツ(下着)の一群にこうべを垂れ、人様の生活を垣間見、垣間見せ、キャラバンパークで必要なのは、鈍感力、と悟りました。

もうね、いちいち気にしてると、神経が病みます。


で、ですね、こんな感じで夫婦の名前をトレーラーに刻んでるんですわ。


右上に名前、見えますかね。この方達は Frank & Kathy。で、真ん中に Retiredと、わざわざ貼り付け。

う、うーむ。で、で、できん。60歳になってもできんわ、こんなこと。

UHF40 は短波ラジオのチャンネルで、チャットしながら走り、キャラバンパークで新しい知り合いにあったりするそうな。一箇所に何泊かして、5、6ヶ月間とかそれ以上旅行するらしい。

ま、うちみたいな古くて小さいのじゃなくて、みなさん、ラグジュアリーなトレーラーで、シャワーやらトイレやらサテライトやらあるんでしょうから、長期間の旅行にも耐えられるんでしょう。

あるとき、「何週間の予定なの?」と聞かれ「3週間」と答えると、

「まあー、短い。うちは 5ヶ月よ。ほら、リタイアしてるから。“リアルホリデー”なの」

と、言われました。

わ、わたしだって、リタイアですが、ここは穏便に、うらやましそうに微笑んでおきました。(心の声:ホリデーにリアルもフェイクもあるかい)

Port Smithという夕方にはブヨの大群が押し寄せる海辺のキャラバンパークで、そこにメルボルンから毎年3ヶ月泊まりに来る、という夫妻にも会いました。

まったく、仕事同様、旅行の仕方も、人それぞれです。 

自宅を売って、新品トレーラーを買って、旅してる人もいるらしい。

失礼を承知で言えば、ほんとうに、リアルな「シニア」の方々を散見。
どでかい四駆を降りてヨタヨタとペンギン歩きですすむその姿。
Adventure before dementia! (ボケる前に冒険)の心意気がよーく感じられました。

シニアの外こもり、白髪のノマド(grey nomards) の城、をお試し体験してきた感想:

無理。私には無理。