2016年12月13日火曜日

「リタイア後にする101の楽しいこと」


〜生きてる〜

あーはっ、は、は。読みました。この本。真面目かつ真剣にやることを探してる方にも、特にアドバイスが必要ない方にも、リタイア後のお金はあるが心の持ち方に多少不安がある方にも、リタイアに
100%満足しておられる方にも。写真も面白いです。


   

Welcome to retirement! 

目次だけ見ると、手芸、音楽、文学、政治、庭仕事、スポーツ、食べること飲むこと、副収入を得ること、などと代わり映えしない「やること」リストですが、内容を読んでみると、一味違う。
えーと、メッセージは、突き抜けた生き方を目指せ!、かな。


例えば、アート関係のやること。
ストリートアートに参加しよう〜」。スプレー持って、街に出よう。壁に絵を描こう〜

「奇抜な彫刻を作ってみよう〜」。「そうね、羽のある猫とか巨大な目玉みたいな」

「自分が生きた彫像になるのはどう?」「観光客からお金がもらえるかもよ」

といった感じで。

「レース編みでティッシュカバーを作る時代は終わった」

「パステルカラーの毛糸で赤ちゃんのくつしたを編んでる? 今すぐ辞めよう。
そんなことをするほど、年を取ることは絶対にない」

と。既成概念にとらわれず、肩の力を抜き、周りを気にせず、己を解放せよぉ〜〜、と
101のアイディア。ま、本当にやるかどうかは別にして。

Stella Rheingold著。2015年刊。キンドル、アマゾン豪で、約300円払ったんですが、
アマゾンジャパンではこの値段・・・。

で、この本で紹介されている人の編み物:Anna Maltz

最高気温26度。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



0 件のコメント:

コメントを投稿