2016年12月5日月曜日

きょう、ボランティアで会った人は。


今日も晴天、24度


図書館の本の配達ボランティア。

きょう、いっしょに回った方は、84歳の女性・・・・。
ドライバーが私で、彼女がランナー・・・。
ひやぁー、お元気。もう15年もこのボランティアをしている、と。

と、いってもさすがに本を抱えて走ったりはしなかったですが。

エコバックのようなバックに本が何冊か入ってますから、けっこう重い。
それをバンから出して玄関まで運び、読み終わった本が入ってるバックを回収。
老人ホームの中には、1階から2階へと歩きまわるところもあって。

しかも、ホームに入るにはどこも暗証番号がいるんですが、覚えておられる・・・。

キラキラと輝く目で、話し方も早く、冗談も飛ばすし、「運転中、話してもいいか?」と、人に気配りもできる。すごい。道行くアフリカ系の女性を見て、わー、あの服よく似合ってる、とか言うのも感じよくて。


ニュージーランド人。ホステルのマネージャーを経て、レストハウスを息子たちと経営し、料理から何までやっていた。約30年前にオーストラリアへ移住。そのころは、差別が激しく、仕事が見つからず、息子ともども掃除の仕事しかなかった。

今では、ひ孫にも恵まれ、同居の息子が料理がうまくラッキーだが、娘の一人が2年前に亡くなり、
彼女の子たちがまだ立ち直っていないので、来年、旅行に連れて行くよ、と、どこまでもお元気で。

ボランティア以外には、早朝ウォーキングと刺繍のグループに参加。「他の人がここが痛いあそこが痛い」って言ってる間にね、時間が過ぎるの、は、は、は、と笑う。

で、加えて・・・

週一でジム!


サウイフモノニ、ワタシハナリタイ
ボランティアで、元公務員リタイア三年目の人に会う


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 件のコメント:

コメントを投稿