2016年12月18日日曜日

そして失業率アップ・・・



Perth City, Photo by Gary Wong



オーストラリアの失業率



2016年11月の失業率。国内平均では、5.6%から5.7%と微増したものの、4万のフルタイム雇用が創出され、労働市場は健全で、回復傾向にある、と。


Source: Unemployment rises to 5.7pc despite 39,300 extra full-time jobs


はあ・・。しかし、西オーストラリアでは違います。

失業率、増加の一途をたどっており、6.9%にアップ。2002年1月の7.1%以来の高さ。
鉄鋼業ブームが来て去って、そしてまた来て、今度は、怒涛のように去っていき。




2016年11月 失業率 
ニューサウスウェールズ(NSW)
      4.9%
ビクトリア(Vic)
      6.0%
クイーンズランド(Qld)
      6.0%
南オーストラリア(SA)
      7.0%
西オーストラリア(WA)
      6.9%
タスマニア(Tas)
      6.4%
ノーザンテリトリー(NT)
      3.7%
オーストラリア首都特別地域(ACT)         3.7%  

統計では、1週間に1時間でも働いていると、「失業」ではないので、潜在的な失業者はもっと多いにちがいない。

身近にも、影響を受けてる人はホント多い。失業してなくても、短期契約とか、
エンジニアが他の仕事してるとか。ブーム時に、大変いい条件で、何年も働いた人はまだしも。新卒にとってもきびしい。

で、南オーストラリア。またもや、失業率No.1の州に。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

Top photo: by Gary Wong Creative Commons Licence, Licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License

2 件のコメント:

  1. 毎回このニュース統計をみると、毎日仕事いくのヤダなぁ~、SICKIEとりたいなあって思ってる自分はLUCKYなんだなぁって思わなきゃいけないのかしら・・・。

    返信削除
  2. お仕事、ご苦労様です。ラッキ〜と呪文を唱えて、職場で小さな(?)幸せを数え、
    たまにはsickieで息抜きし(??)、乗り切ってくだされ。

    返信削除