2016年11月17日木曜日

45歳以上限定、パートナー探し






リタイアしてから手に取るようになったシニア向けフリーペーパー。
オーストラリアでは、スーパーのレジあたりなどに置いてあります。

ま、毎号、同じような記事が多いんですが、一番読んでて楽しめるのは、やはり婚活、
「パートナー・友達、探してます」コーナー。45歳以上限定。

といっても、ほとんどは60代以上の方です。

しかし、お相手の年齢にこだわりのある方が、なんと多いことか。


例1
こちらアンナ。求む、私の王様になってくれる人。ユル・ブリンナーに似ている人と会いたいわ。背が高い人限定よ。ユーモアのセンスがある方。70−75歳。シャルウィダンス?

例2
こちらハッピーで健康的な淑女。きちんとしてて、やさしくて、信頼できて、しずかに目的を達する方で、笑うことが好き。同じような性格で女性を尊重してくれるジェントルマン、求む。62−69歳で。
                                                             Source: Have a Go News (November 2016)
                      

希望年齢ゾーンが、せ、狭い。しかも、自分の年齢、書いてないし。
例2さん、なぜ61歳はだめなのか??


他にも、男性59歳で、「クリケット、フットボール、バイク、映画、ダンス、70年代&80年代の音楽が好き」な方は、「55−62歳の人、求む」だし。


なんか、もう少し年齢層広げたほうが、見つかりやすいような気もしますけど。
大きなお世話ですね、はい。

でも、シニアの婚活。なぜ、こんなに年齢にこだわりが?
それとも、シニアだからこそ??

しかし、男性で、自分より年下の女性を求める人もちらほらいて。
例えば、男性65歳が「50−60歳の人」をとか、67歳が「65歳まで」とか。
いいかげんにせんかい!、と言いながら紅茶をすする木曜午後3時、22度。多少風あり。


過去記事:パートナーを探すシニアのプロフィールを見てみると


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

0 件のコメント:

コメントを投稿