2016年11月11日金曜日

定年後の「スマイル曲線」とは



21度



The retirement smile、なんて訳せばぴったりくるのか、わかりませんけど。

老後の微笑み? リタイア後の笑顔? 定年生活のスマイル?

加入している年金ファンドから来たメールにあった記事のタイトル。

聞いたことがない言葉だったので、ほうほうと読むも、なんのことはなかったです。

こんなグラフの説明。
Source: http://www.sm-financialservices.co.uk/budget-2014-means-retirement-smile/


縦軸がお金、横軸が定年後の年数、灰色の棒線が必要な収入、ブルーが受け取る年金。

で、年金は毎年一定額。対して、支出のほうは変動あり。

リタイア直後は、まだまだアクティブで、旅行、家のリフォーム、孫へのプレゼントなどなどで
出費が多い。

それが、だんだんとスローダウンし、遠出・外出・外食が減り支出が減る。

が、その後、病気・介護費用などのため、必要なお金も増える。

で、その必要な収入の動きがスマイル曲線(=赤の点線)を描く、と。

フッ。

スマイル? ただのU字型曲線じゃないか。

スマイルとは、またなんと姑息なネーミング。

しかも、勝手に赤い点線を横に引き、上唇、作ってるし。

老後破産、破産と不安をあおるのもどうかと思いますが、
このスマイル曲線、その逆の戦略か?

老後に微笑むために、ファンドにもっとお金を入れよ、と。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ



0 件のコメント:

コメントを投稿