2016年11月25日金曜日

そして、公務員もリストラ


ジャカランダ満開 最高気温36度


公務員=安定は幻想。

鉄鋼業ブームが来て去って、西オーストラリア州政府関係の仕事は、去年、採用が全面中止。
今年始めに「解禁」になったものの、昨日も観光部で85人のうち10人リストラvoluntary redundancies)を募ると言うニュースがあったりと展望が明るいとはいえない。       
  Source: Tourism WA jobs axed despite Government's tourism push ahead of election


知人(男性、40代、既婚、子供2人)は地方公務員、専門職。
(公務員でも、専門職にはたいてい公務員試験が適用されない)

十年ほど前から、マネージャー(課長クラス)は「三年契約」となっている。
ヒラのうちは期間に制限のない長期雇用。が、マネージャーに昇進すると三年契約にかわる。

それだけ仕事ぶりを厳しく査定してますよ、ということでしょうが、
上層部の考えに異議を唱える、などどいうことは恐くてできなくなる制度。


今回、この知人が働くセクション自体がリストラでなくなることになった。

数名が他の部署へ配置、ほかは退職勧奨。

そして、マネージャーの彼は雇い止め!ひどい。
希望退職なら手当が出るが彼には出ない。
部下からリーダーシップに欠けると苦情が出ているという理由だそうだ。
苦情のタイミングが良すぎる。おかしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿