2016年10月15日土曜日

脳の老化を遅らせる大発見になるか




脳の老化を遅らせるかもしれない方法を科学者が偶然発見、と言うニュース〜〜

なんと。超音波を脳に当てるだけ。ほおおぉっっっっぉ。

まだ、マウス段階のようですが。

超音波を脳に当てると、海馬の細胞組織の減少を止めることが確認された、と。


クイーズランド大学のチームなんですが、この方々、去年、マウスの実験で超音波がアルツハイマーの進行を食い止めることを発見。

で、今回、超音波が健康な脳細胞に悪影響がないかどうか調べていて、
悪影響どころか、反対に、大変いい影響があることがわかった、と。

学習、記憶をつかさどる海馬は年齢とともに自然に機能が落ちていく(はい、実感)ものだが、超音波をあてると、脳細胞の老化を止めることができる、と。

まだマウスですが・・。

将来的には、車の点検みたいに、脳も定期的に点検・メンテするようになるかも、と期待を持たせる科学者談。

まだマウスですが・・。

どうなんでしょ、人の場合は、エコー検査に使ってるスキャナーみたいなのでやるんでしょうか。

それとも、昔、パーマをかけるとき使っていたヘルメットみたいなの、あんな感じになるのか。

で、ウルトラサウンド・カフェとかできて。
野菜ジュースでも飲みながら脳エコーの時代。悪くない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

0 件のコメント:

コメントを投稿