2016年10月2日日曜日

ハッピー・リタイアメントに必要なこと




「もう一生話さなくていい」と仕事帰り夕方のバスに揺られ思っていたのは過去のこと。 

『聞く力』を読み、なるほどと、己を振り返ったのも今は昔。





浅田次郎著の『ハッピー・リタイアメント』は、リタイア前のリベンジ物語で、
最後に、「ハッピー・リタイアメント!」、「幸福な定年、いや、幸いなるかなわが人生」と喝采して終わってましたけど、

リタイア8ヶ月目にして思うに、ハッピー・リタイアメントに必要なのは、

「ひとり言力」



気持ちを高めときには静め、またときには、考えをまとめるのを助け、
心を解き放ちハピネスをもたらす、ひとり言力。
その無限の可能性。

シャワーでひとり言、トイレでもひとり言、
料理しながらひとり言、雑草引いてひとり言、
スーパーで商品を選びながらひとり言、駐車場でもひとり言、
散歩中にひとり言、電車の中で・・・はちょっとどうかわかりませんが、
世間さまに白い目で見られない程度に、工夫次第で
ひとり言が活躍する場面もまた無限。


最高気温18度。読書三昧の日曜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

0 件のコメント:

コメントを投稿