2016年9月26日月曜日

失敗から学ぶヘナとインディゴ白髪染め、注意点


ヘナとインディゴ白髪染め



ラップ+タオル+シャワーキャップで3時間












節約のため自宅でヘナを始めて、もう7ヶ月目。手順にはずいぶん慣れてきました。

あのヘナ独特の匂いも、お湯代わりにジンジャー入りハーブティーを使い、
ラベンダーを一滴たらすと、ほとんどしなくなりました。

が、前回、インディゴで失敗・・・。で、


失敗から学ぶヘナとインディゴ白髪染め、注意点!


たったひとつ。


〜〜インディゴの量に要注意〜〜


初めてヘナにインディゴを混ぜて使った時は、ヘナ1に対しインディゴ3ほどにし、
なかなかいい色になったんです(自己評価)。

で、前回もう少し、ものをこそ思む黒髪にしてみようと、
インディゴ9割ぐらいにしたら、
そのときは色的に問題なかったんですが、日が経つにつれ、
徐々に黒みが増し、しかも、藍色がかって暗くて怖い黒色に。


イメージ像 by Freepik from Fraticon











さらに、ヘナならつやつやになる髪が、ギシギシにザラザラ・・・。
オイルをつけても変化なし。悲し。


インディゴは入れすぎるな、と学習。


今回はヘナのみで。
ヘナ、発色中。約12時間。








結果、ギシギシ感はだいぶ改善されましたが、前髪あたりがまだ暗いまま。

次もヘナのみですな。


午後から曇り、最高気温19度。






0 件のコメント:

コメントを投稿