2016年9月13日火曜日

朝から感涙して





もう9月なのに、今朝も空気が冷たかった。

朝一で、先週、見忘れたアン・ドウ (Anh Do)の番組をiViewで見て、鼻水出しながら、泣きました。

あ〜〜、ええ話やな〜〜。

アン・ドウがゲストに話を聞きながらその人の肖像画を描いていく番組です。

元ベトナム難民、今ちょっと情けないコメディアン、とこの番組が始まるまで思ってましたが、肖像画家だったんですね、アンさん。

それにやっぱり芸人技なのか、ゲストへのインタビューが秀逸で、その人のいろんな面が引き出されて、ええ話がどんどん。

Anh's Brush With Fame [ABC 水曜8時]

今回ゲストは、脳外科医、チャリー・テオ(Charlie Teo)。

ほかの医者が手術できないと断った患者を受け入れ、同業者から批判を受けることが多いあの人です。

毒親だった父(医者)、両親の離婚、私立校での人種差別。
医者になる前にした警備員のバイトのこと。
「一番難しいから」脳外科医の道を選んだこと。
そして、自分の前で人が死ぬときの気持ち。

人生は、はかない(fragile) 。無駄にするな。人に怒りをおぼえたり、ISISに入ったりして無駄にするな。

う、う、う、と鼻水をふきふき、ISISには入らんけど、最近、日々に感謝が足りんと
自省しながらヨガに行ったら、ヨガマットをもっていくのを忘れました。

で、で、「今日はストレッチ・瞑想中心で音楽を使います」と言われ流れてきた音楽は
80年代のポップス。ボーカルあり。なぜ?ヨガなのに??これで瞑想???と、愚痴ばばあ、すでにカムバック。

最高気温17度。


0 件のコメント:

コメントを投稿