2016年9月16日金曜日

来年7月からの年金(スーパーアニュエーション)制度の改正






オーストラリアの老齢退職年金制度、改正


きのう、発表があったスーパーアニュエーションの改正。


誰かもっと簡単に説明してと思いますが、わかったことをまとめてみます。


発表されたのは、"non-concessional contributions"という名前で呼ばれている積立金に関すること。

すでに課税された収入を、個人が自分のスーパーファンドにいれることができるんですが、それが "non-concessional contributions" 。

給料からの拠出が一般的でしょうが、無職、有職に関係なく、宝くじにあたる、遺産相続をする、不動産を売る、などして得たお金も、スーパーに積み立てることができる。

ただし、65歳になるまで。65歳〜74歳の人は条件つき(労働時間)で。
75歳からは一切できない。



今回の改正で、2017年7月から、このnon-concessional (=after tax)の積立金が


  • 積立できる額が、現行の年間AU$180,000から、AU$100,000になる。

  • 3年分まとめて、つまりAU$300,000、積み立てることができる。(その後2年間、追加できない。)
  • ただし、スーパーの総額がAU$1.6 million以上ある人の場合は、まったくできない。

  • 「積立額の合計の上限 をAU$500,000」という案は、採用されず、見送りになった。



(*雇用主からの積み立て金は、concessional のほう)


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿