2016年6月2日木曜日

更年期障害という呼び名を変えてほしい





先日、ヨガのクラスでインストラクターの方
(51歳、女性)が、自分は更年期の症状があるんだけど、
周りの人はあまり更年期について話さないの〜、
あなたたちはどう?と言い始めました。
6、7人の小さいクラスで、みなさん更年期世代です。

考えるに、 日本語だと、 生理のときの腹痛などは「生理痛」、
ひどくなれば「月経困難症」。生理の前は「PMS」と呼ばれる。

更年期障害も、「更年期痛」とか、「更年期困難症」とか、
そろそろ呼称の変更、どうでしょう。

そのほうが更年期の症状の実態(例:汗滝〜とか )に合ってて、
困難さとか痛さがもっとわかってもらえそうな気がする。

または、英語のmenopause symptomsからとって MeSとか?
これじゃ、なんのこちゃ、よけいわからんか。

自分のことを話して相手から「私もそう」と共感を得られればいいけど、
そういうとき
「え、ワタシ、ぜーんぜん平気」とか「生理?18才のころと変わらないっ」

とか言う人がいると、若作り大会に負けたような気になりますが

本日21度。

0 件のコメント:

コメントを投稿