2016年4月14日木曜日

秋田乳頭温泉巡り




雪がたくさん残っていると驚いたんですたが、聞くと今年は例年の三分の一ぐらいだそうです。


湯巡り帖(1800円)を買って温泉巡り、2日間。7つある温泉のうち、黒湯温泉はまだ冬季休業中。300年前に開湯したと言われる一番古い鶴の湯以外はどれも隣接しており、蟹場温泉、大釜温泉、妙乃湯、休暇村は互いに歩いて5分もかかりません。


孫六温泉へは車侵入禁止の道を20分ほど徒歩で。温泉には詳しくないですが、秘湯という感じがしました。こんな景色をみながら歩きます。








露天風呂も内湯もこじんまり。




ひとつひとつの温泉に複数のお風呂があり、乳白色だったり無色透明だったりで、露天を試し内風呂につかり、入りがいがあります。が、ちょっとふらふらに。

例年なら雪が残る5月上旬に新緑が見られ色のコントラストが大変美しい、と湯巡り号(ミニバス)の運転手さん。乳頭温泉協会からタクシー会社が請け負いこのミニバスを運行しており、普段はタクシーの運転手が持ち回りでミニバス運転手になっているそうです。

「右側の山は何ていう山ですか」と聞くと、
「あ、普通の山です」
 と。 は、は、は。いい感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿