2016年4月27日水曜日

コアラをさがせる世界でオンリーワンの犬!



昨日放送されたCatalyst(オーストラリア) というサイエンス系の番組でMayaという犬の話がありました。マヤは、コアラのウンチの臭いを嗅ぎ分けることができるように訓練された犬。違いが分かる女、マヤは、迅速かつ的確に嗅ぎ分けられるので、コアラの生息環境を調べる調査になくてはならない存在になっているという話でした。

Q:どうしてコアラそのものをさがさないの?

A:コアラは数が少なく、その上、カモフラージュがうまいので、大変見つけにくい。

Q:ウンチはさがしやすいの?

A:一日150回もウンチするから、コアラ本人(?)よりずっとさがしやすい。

Q:コアラのウンチはどんな臭い?

A:ユーカリの臭い。


150回!寝ているばかりかと思いましたが、そんな生産的なことを毎日していたとは。しかも、ユーカリ。いい香りじゃないですか。

クイーンズランド州の南東では、野生のコアラの数が、近年、環境の変化で激減しており、加えて、病気、道路事故、野犬の影響などで、すでに80%以上がいなくなってしまった。それで、科学者たちはコアラがどこでどう生息しているかを調査しているそうで、ここで、マヤが小さくて人間には見つけにくいウンチ発見に大活躍。コアラとほかの有袋動物のウンチの違いも分かるよう常に訓練しているとのこと。

見つけると、えさをあげるのかと思いきや、もらったのはグッドガールの褒め言葉とともにテニスボール。マヤは保護犬で、テニスボールが好きすぎて、里親を見つけるのは無理と判断され、安楽死寸前だったところをこのリサーチチームにもらわれたそうです。ペットには向かなかったけど、コアラさがしで活躍できる場があったんですね。よかった、よかった。

下記サイトで、8分ほどの動画が見られます。
Catalyst: Eco-Dog - ABC TV Science
(http://www.abc.net.au/catalyst/stories/4450367.htm)

本日18度。だんだん朝夕が寒くなってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿