2016年3月3日木曜日

ささやかなちょっとした失敗



(右から2番目のイラスト、「種 (seeds)」らしい)

夕べご飯を炊くの忘れていました。冷蔵庫内自慢してる場合じゃなかった。マンゴーアイスがあってもピクルスがあっても、照り焼きにご飯がなくてどうする。炊飯器の中まですっきりしててどうする。ウチの炊飯器、スタイルは縦長で今風なんですが、早炊機能はない。泣いても笑っても出来上がるのは50分後。夕食前の気配を炊飯器なりに察してセルフで炊きはじめたりなぜできないのだ。

気合いが足りん。


この炊飯器、内釜のコーティングが黒いんですよね、で、目盛の線がかすんでしか見えない。じっーと目を凝らして3合の目盛をさがす時、我が身の齢を感じて物悲しい。で、炊き終わったら保温に切り替わるんですが、保温を切るスイッチはない。コンセントを抜くんですワ。アンタなんて日本だったら、だれにも買われないヨ。

50代カリスマ主婦は目指してないが、50代丁寧な暮らしをするリタイヤ女、は目指している。まだまだ遠いかなたのイスカンダル。

まあでもね、こんな半径1メートル4畳半的失敗、平和ってことですよね。平和で平凡なリタイヤ生活のスパイス也。


本日28度。

0 件のコメント:

コメントを投稿